スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド首相 兼 観光大臣ジョン・キー の声明文

2009年05月08日 16:26

以下、ニュージーランド首相ジョンキーさんからの声明文です。

日本語訳もあるのでご覧ください。

 

そして!!安心してニュージーランドへお越しください。






Prime Minister



Private Bag 18041, Parliament Buildings, Wellington 6160, New Zealand.
Telephone 64 4 817 6800



Hon John Key
Prime Minister
Wellington
New Zealand



Dear Travel Industry,


We understand there are concerns among your clients regarding travel to New Zealand with
the worldwide outbreak of Influenza A (H1N1).
The New Zealand Government would like to reassure you that our response to this threat
was one of the fastest in the world, the situation has been contained, and the threat of
infection is negligible.
The group of New Zealand school children first diagnosed with H1N1 have now completely
recovered and are back at school. The group from Rangitoto College contracted the illness
on a trip to Mexico.
The school’s principal says the symptoms were mild and life is back to normal.
Health officials are continuing with a comprehensive programme of monitoring for the virus.
The NZ Ministry of Health has a plan to deal with the spread of influenza.
There is no evidence of community transmission in New Zealand. That means that, to date,
all of the cases have been in people who have recently returned from travelling to affected
areas, or are close contacts of cases.
New Zealand continues to screen international travellers from countries of concern upon
arrival at Auckland, Wellington, Christchurch and Queenstown airports. Where passengers
report symptoms, they, and their close contacts, are medically assessed, treated and cared
for in isolation.
Passengers on all international flights arriving in New Zealand will be asked to fill in a
passenger locator form. These are used by public health staff to trace contacts if required.
New Zealand has had a small number of cases confirmed and its response has been
extremely vigilant in working to screen and treat any suspected cases.
In short, the risk of infection by H1N1 is slight, the symptoms of the few people affected are
moderate, and the swift response of the New Zealand Government has mitigated the vast
majority of the risk.
We hope this goes some way to reassuring you that travel to our beautiful country carries
little risk.

Hon John Key
Prime Minister of New Zealand
Minister of Tourism




*******************************************************************



(在京ニュージーランド大使館 訳文)

 

 

 

200957

 

 

日本の旅行業界の皆様

 

 

 

世界的なインフルエンザAH1N1)型(新型インフルエンザ)の発生に伴い、日本では、旅行者がニュージーランドへの渡航を懸念していると伺っております。

 

ニュージーランド政府より重ねて申し上げます。ニュージーランドは、この脅威に世界で最も早く対策を講じた国のひとつであり、問題は抑制されており、感染リスクは僅かとなっております。

 

新型インフルエンザの感染が最初に確認されたニュージーランドの高校生一行は、現在、完全に治癒しており、学業に復帰しております。このランギトト高校の生徒達は、メキシコ滞在中に新型インフルエンザに感染いたしました。

 

同校の校長は、生徒達の症状は軽く、現在は通常の生活に復帰していると述べています。

 

保健当局では、ウィルスを監視するための包括的なプログラムを継続して実施しております。ニュージーランド保健省には、インフルエンザの蔓延に対処するための計画があります。

 

ニュージーランドでは、一般社会での感染拡大は確認されておりません。つまり、今日までの感染事例は全て、感染地域から最近帰国した、または該当する感染者に接近したことが原因となっています。

 

ニュー ジーランドは引き続き、オークランド、ウェリントン、クライストチャーチ、クイーンズタウンの各空港において、懸念国からの到着便乗客に対する検査を行っ ております。乗客が症状を訴えた場合、隔離措置をとった上で、該当者および付近にいた人々に対し、医学的検査を行い、治療と看護にあたっています。

 

ニュージーランドに到着する全ての国際線搭乗者は、当地での滞在先を記入することが求められています。これらの情報は、公衆衛生担当者が必要に応じて、該当者に連絡を行うために使用されます。

 

ニュージーランドはこれまで、ごく少数の感染事例を確認して参りましたが、検査の実施や疑い例の取り扱いといった対応は極めて厳重なものです。

 

つまり、ニュージーランドにおける新型インフルエンザへの感染リスクは僅かであり、これら少数の感染者の症状は軽度です。そして、政府による迅速な対応は、その他大勢の人々への感染リスクを可能な限り回避しています。

 

以上のご説明により、感染リスクがほぼ存在しない私どもの美しい国へのご旅行が安全なものであるとご理解頂ければ幸いです。

 

 

 

ニュージーランド首相 観光大臣

ジョン・キー


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nexsisnz.blog89.fc2.com/tb.php/513-e62728ea
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。