スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーキングホリデーキャンペーン!!

2009年05月01日 15:58

すっかり冬到来!?といった感じのこちらオークランドは、午後3時半で薄暗くなってきております490。(横目に外を見ながらこのブログ書いています・・・)


そしてみなさん気づいていましたか?

今日から5月ですよ!5月!!

この前新年が明けたと思っていたら、あっという間に5月です。もうすぐ1年の半分になってしまいます!(歳を取るのは早い330・・・あ、間違い。月日が経つのは早い・・・




新年の抱負に掲げた、留学への想い!!!重い腰が上がらない方、ここら辺でひとつ立ち上がろう~!282


ということで今日は「ワーキングホリデーキャンペーン」をまずはご紹介しましょう。(このほか、長期留学の為のキャンペーンなど色々あるんですが今日はワーキングホリデーでいきます!強気!)

このキャンペーンでは、現地滞在中のサポートが無料になっちゃったり、ご到着当日の空港お出迎もついてきたり・・・銀行口座開設のお手伝いから至れり尽くせりのお得なキャンペーンなのでお見逃し無く!





まずは「ワーキングホリデー」をご存知ですか?(まずはここからですよ!284

案外知らない方も多いのでは?

留学=語学留学、長期留学なんてイメージの方もいるかもしれません。





しかし、この「ワーキングホリデー」という制度は素晴らしい制度なので知らなきゃ損なのです。




まずは現在のワーキングホリデー制度について外務省から概要をご紹介しましょう。

ワーキング・ホリデー制度


平成20年4月
1. 概要
 ワーキング・ホリデー制度とは、二国間の取り決めに基づき、各々の国が、相手国の青少年に対して他方の国の文化や一般的な生活様式を理解する機会を提供するため、自国において一定期間の休暇を過ごす活動とその間の滞在費を補うための就労を相互に認める制度です。
我が国のワーキング・ホリデー制度は、1980年にオーストラリアとの間で開始されたことに始まり、1985年にニュージーランド、1986年にカナダとの間で開始されました。
その後、1999年4月から韓国と、同年12月からフランスとの間で開始されました。更に、最近では、2000年12月からドイツ、2001年4月から英国、2007年1月からアイルランド、2007年10月からデンマークとの間で開始されています。

2. ワーキング・ホリデー査証発給要件
(1)我が国及び相手国政府は、いずれも、おおむね次の要件を満たす他方の国の国民に対し、
1年間有効なワーキング・ホリデーのための一次入国査証を発給しています。
(ただし、ニュージーランドとの間では、双方とも有効期間6ヵ月の査証を発給しています。)
 なお、国によって要件や審査手続きに多少の違いがあります。
(イ)相手国に居住する相手国の国民であること。
(ロ)一定期間相手国において主として休暇を過ごす意図を有すること。
(ハ)査証申請時の年齢が18歳以上25歳以下であること(フランス、デンマークとの間では18歳以上30歳以下。他の国については、各々の政府当局が認める場合は30歳以下まで延長する)。
(ニ)子を同伴しないこと。
(ホ)有効な旅券と帰国のための切符(または切符を購入するための資金)を所持すること。
(ヘ)滞在の当初の期間に生計を維持するために必要な資金を所持すること。
(ト)健康であること。
(チ)以前に本制度を利用したことがないこと。

(2)査証発給数に関しては、現在のところ、それぞれの国との取り決めに基づき、
韓国との間では双方年間3600人、フランスとの間では双方年間1500人、
英国、アイルランドとの間では双方年間400人に制限されています(平成20年)。
またカナダは日本人に対するワーキング・ホリデー査証の発給を年間9500人に制限しています。
(なお、カナダ人に対しては我が国は人数制限を行っておりません。)


3. 申請手続き
(1)日本人の方がワーキング・ホリデー査証の発給を受けるためには、日本にある相手国政府の大使館又は領事館に対して申請を行う必要があります。
 詳細については、各国大使館に直接お問い合わせ下さい。
(2)また、日本へ渡航を希望する相手国の方は、当該相手国にある日本政府の大使館又は領事館に対して申請を行うことが必要です。

4. 就労等について
 我が国及び相手国は、いずれも、ワーキング・ホリデー査証を所持する方に対して自国内での最長1年間の休暇を過ごす活動と、そのために必要な旅行資金を補うための報酬を受ける活動に従事することを認めています。ただし、風俗営業等、ワーキング・ホリデー制度の目的に反するとみなされる職種に従事することはできません。



ニュージーランドの場合は、以下の通り。

# 対象
-  日本国籍を持つ18才から30才の独身者または、子供を同伴しない既婚者
-  休暇を過ごす目的で、ニュージーランドに1年までの長期滞在を希望される方
-  健康な方で、かつ犯罪歴の無い方
- 一度もニュージーランドのワーキングホリデービザを取得していない方

# ビザの有効期間と滞在可能期間
ビザの有効期間はビザ発効日より12ヶ月です。
(その12ヶ月以内に一度入国できないと、ビザは無効となってしまいます。申請は一生一回です。)
ニュージーランドに最初に入国した日より、12ヶ月の滞在許可が入国時に許可されます。
途中でニュージーランドを離れた場合、離れていた期間を再入国後に延長することはできません。
(ニュージーランド国内でワーキングホリデーを取得した場合、すでにニュージーランドにいるため、発行された日から1年までの滞在となります。)

# 就学
ワーキングホリデービザで、学校(語学学校等)に通えるのは1コース、3ヶ月までです。

# 仕事
ワーキングホリデービザでは、同一の雇用主の下で3ヶ月を越えて働きつづけることはできません。
ワーキングホリデービザで許可されている就労とは、あくまで休暇滞在中に資金を補うための
臨時的な仕事です。

# 医療保険
医療保険の加入は強制ではありませんが、医療費の大部分が自己負担となりますので保険に加入されることを強くお勧めします。

# 航空券
片道航空券でも渡航可能です。

# 申請料
日本国籍は無料

# 申請方法
ニュージーランドのワーキングホリデービザは、
NZ移民局のホームページwww.immigration.govt.nz/migrant/ よりオンラインで申請して下さい。当大使館はオンライン申請と関わっておりません。全ての連絡は担当する現地のニュージーランド移民局から直接に申請者のメールアドレスに届きます。登録される際、ご自分のメールアドレスを間違いのないように記入してください。間違っている場合は、移民局からの連絡は届かなくて、申請は進みません。



# オンラインで発給されるビザについて
オンラインで発給されるビザは、パスポートに発給されるビザラベルと同様のしくみですが、
パスポートにビザラベルを貼る代わりに、印刷された書類を申請者がパスポートに添付し持参します。


ビザの申請が許可されますとビザのコピーを印刷するよう指示されます。
詳細事項はニュージーランド移民局のデーターベースに保存されます。
このインフォーメーションはあなたのニュージーランドへの出入国の権利の有無、
また、ニュージーランド入国時にパーミット(滞在許可)を決定するためにも必要です。 
従ってあなたがオンラインで申請する際に、あなたの詳細について
間違いなく正しく入力されることが大変重要です。


*************************************************************


以上のことから、健康で日本国籍を持つ18歳~30歳までの方にご利用いただけるということです。
ワーキングホリデー制度では、制限はあるものの語学学校、アルバイト、旅行など1年間を有効にかつ有意義に過ごしていただけるよう制定された若者の為のモノなのです!!!



ですから少しでも
「海外に興味がある!」「日本から飛び出して世界をみてみたい!」
という方にはお勧めなのです!!!






ただいま、【オークランド留学センター】では、そんな方のためにキャンペーンを実施中です。


≪早期・長期割引制度≫
オークランド留学センターでは、独自の割引制度をご用意して、経済面からもお客様のニュージーランドご留学をサポートさせていただきます。

語学学校お申込について・・・コース開始日より3ヶ月以上前に12週間以上のお申込をいただきますと最大で授業料より6%割引、またオークランド留学センターの「現地滞在サポート」($600相当)が無料!!

現地サポートの内容は下記HPにて

現地サポート内容


≪友達とワーホリ♪二人で一人分のサポートキャンペーン≫

仲良しのお友達と一緒にワーホリを検討中の貴方には、このキャンペーンがお得!
通常、現地サポート$600×2人=$1200となるところを、二人で申し込んでたったの$600で1年間の現地サポートが受けられます。

もちろんサポート内容は変わらず、ご到着の際のお出迎、ホームステイ手配、語学学校手配、銀行口座開設同行、円送金のご利用、その他のサポートをお二人で受けられます。


現地サポート内容





キャンペーン詳細はぜひ弊社HPをご覧ください。
ご不明な点などございましたらどうぞお気軽にわたくし真由美までお問い合わせください。







では皆様良い週末&ゴールデンウィークをお過ごしください。(羨ましいぃ~!266
また来週~!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nexsisnz.blog89.fc2.com/tb.php/508-543c601f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。