スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウン英語学校Nationalityのご紹介

2009年02月17日 10:04

オークランドでも老舗語学学校といえば「クラウン」


CIMG1109B.jpg

一般英語などの英語部門はもとより、専門課程(ツーリズム、ビジネス、ホスピタリティー)もある専門部門から成り立つこの学校では、一からスタートして学士号を取るまで安心のトータルサポートが魅力です。



弊社のお客様は、一般英語から始められ、晴れて来週より専門課程へ進学されます。

お客様の留学ブログはこちら

☆リセット in NZ ☆

2月現在の一般英語部門の国籍割合が学校より届きましたのでお知らせいたします。

『クラウン一般英語部門国籍割合』
English School (255 students): Europe 18%, Japan 17%, Middle East 15%, Vietnam 15%, Korea 14%, Latin America 6%, China 6%, Taiwan 5%, Thailand 2%, Other 2%


『専門課程部門国籍割合』
ニュージーランド人54%、China 16 %,Europe6 %,Vietnam5 %,Japan4 %,Taiwan4 %,
Korea3 %,South America3 %,Thailand2 %,Other3 %

CIMG1124B.jpg


上記を見ていただくとお分かりの通り、専門課程では過半数以上が、現地のニュージーランド人で占められております。留学生だけでなく現地の方からの人気も高いということがこの数字からお分かりいただけるかと思います。


ビジネスコース、ツーリズムコース、ホスピタリティーコースにご興味のある方はぜひ一度お問合せください。

CIMG1133B.jpg


また語学留学では、一般英語をはじめTOEICやIELTSなどの試験対策コース、またビジネス英語コース、インターンシップコースなど幅広く就学可能。


滞在方法はホームステイ、学校紹介のアパートメントなどからお選びできます!




皆様のオリジナル留学を実現いたします。




お問合せはいつもの通りこちらまで!!
オークランド留学センター】真由美まで


mayumi@arcnz.co.nz

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nexsisnz.blog89.fc2.com/tb.php/459-35394af3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。