スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月6日はワイタンギデー(祝日)

2009年02月03日 16:29

どんな祝日でも一般ピープルには嬉しいもの!!


今週金曜日の2月6日は「ワイタンギデー」のため祝日です。


■ワイタンギデーとは・・・・


1840年2月6日、北島ワイタンギにて「ワイタンギ条約」が結ばれた日。
当時、武力衝突が絶えなかった先住民マオリ族とイギリスとの間で締結された条約のこと。

以下、いつもお世話になっているウィキペディアより抜粋させていただきます

  1. 全てのマオリ族は英国女王の臣民となりニュージーランドの主権を王冠に譲る。
  2. マオリの土地保有権は保障されるが、それらの土地は全てイギリス政府へのみ売却される。
  3. マオリはイギリス国民としての権利を認められる。

という一見緩やかなものだった。しかしながら条約を英語からマオリ語に 翻訳した訳文に問題があり、21世紀に入った今日においても、マオリ族の権利の問題として議論が絶えない。例えば「主権」 (sovereignty) を表すマオリ語が存在しなかったため、マオリ語の造語 「カワナタンガ」(kawanatanga) を使った。だがその造語は英語に訳して「主権」よりも「支配」(governance) に近かった。 このような経緯から、マオリ側の認識は「全ての土 地は自分達のもの」というものであり、一方で白人側は「ニュージーランドはイギリスの植民地である」と捉えていた。

このため、1843年から30年間続くマオリ族の反乱が起こる。反乱は鎮圧されたもののニュージーランド政府はその後100年にわたり問題を放置、1975年に至りワイタンギ審判所が創立され、ワイタンギ条約で認められた権利について、再度審議が開始された。その結果、一部強奪された土地を返還し、英語だけだった公用語にマオリ語を加えた。

 

 

今週末のニュージーランドは3連休になりますのでお忘れなく。お問合せは早いうちにどうぞ!

 

【オークランド留学センター】真由美までお気軽にどうぞ

mayumi@arcnz.co.nz

 

***********************************************************************

レスミルズ最新情報

 

昨日でフィルミング終了しました。

わたくしは残念ながら参加できませんでした。泣


お客様よりお写真を後日頂く予定。

またお写真と共にお知らせしたいと思います。

 

今日は、ファンにはたまらないガンダルフ画像をご紹介しましょう。

 

les yu (1)  

右で嬉しそうな顔をしているのは、弊社お客様Yuさん。あと3週間レスミルズで満喫してきますっ!!

 

 


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nexsisnz.blog89.fc2.com/tb.php/450-71bf4a81
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。