スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタビュー 元川万素子様 (34歳、語学留学中)

2008年09月05日 09:46

留学中の方の“生の声”をお届けする新コーナー


今日は、神戸出身、長期語学留学でクラウンイングリッシュに通われている元川万素子(モトカワマスコ)さん(以下M)にお越しいただきました。 インタビューは私、小西利幸(以下T)が担当させていただきます。

Masukoさん1

T:こんにちは。今日はいきなりですが、どうぞよろしくお願いします。

M:本当いきなりでびっくりしています。

T:ははは。すみません。
マスコさんは、半年間の予定で7月からオークランドに来られていますが、英語学校に通い始めて、もう2ヶ月経ちましたね。いかがですか?

M:毎日先生や友達とのコミュニケーションに悪戦苦闘しています。

T:レベルはあがりました?最初はどれくらいのレベルからスタートしたんでしたっけ?

M:恥ずかしいんですが、最初は初級から始まりました。先生の言ってることが何にも分からなくて、情けなくて。

T:でも2ヶ月経って、随分クラスもあがりましたよね? 2階級アップおめでとうございます!

M:有難うございます。なんとなく聞きとりができるようになったかな?って思うけど、それでも相変わらず「pardon?」って聞きなおすことが多いです。

T:文法面や単語面は?

M:文法はやってておもしろい! 
単語は自分のボキャブラリーのなさを痛感してる。
新しい単語があっても、あんまり頭に入ってないような気がします。(笑)


T:この留学では、半年間の一般英語クラスを申し込まれていますけど、目標とするところはありますか?

M:まずは、英語でのコミュニケーション。それから、Writing, Readingを伸ばすのが目標です。


T:こちらに来て、すぐにホームステイを始めました。多分、最初は文化の違いもそうでしょうが、生活環境の違いで苦労したこともあったのではないでしょうか?

M:苦労しましたね。(苦笑)食事は量が多くて、結構濃い。でもホストマザーが気を使って、いろんなメニューを作ってくれてます。ママの作る料理の中ではハンバーガーが一番好きです。
それから、他人の家なので、電気や水道を使い過ぎないようにしようとか、ちょっとしたことでの気苦労はありました。


T:今はどうですか?

M:今は、慣れたのもありますが、あまり考えないようにしています。ホストファザーはお酒が好きで毎晩ビールを飲んでるんですけど、私も一緒に飲んでます。そういう時間を共有しているなかで、ファミリーがさりげなくいたわってくれる言葉が嬉しく心に響きますね。


T:よかった~。そのファミリーは、ARCで手配したんですよね!

M:はい、いつもママがトシさんのことを褒めてますよ。「Nice Guy」って言ってます。

T:はは、照れますね。ありがとうございます。
マスコさんの日本でのお仕事について教えていただけますか。

M:私の仕事は、自社の発明製品を特許申請する部署で、私もたくさんの特許申請を行ってきました。すごく地味な仕事で、発明内容を文章として提出しないといけないので、その文章を書いたり、他社が出してる特許の文章を読み込むという仕事でした。世の中に出ている特許をよく読んで、自社の製品が特許申請可能かどうかを調べる、という感じですね。

T:そんな仕事があるんですね。初めて知りました。そこにはどのくらいいらっしゃったんですか?

M:正直に答えないといけない?(笑) 10年以上いました。

T:長く働かれていた仕事を辞めて、ニュージーランドにお越しになられてるわけですが、きっかけはなんだったんでしょうか?

M:仕事では外国の文献を扱うこともあって、そのときに自分の英語力のなさを実感しまして、「これではだめだ!」と思ったんですよね。英語にはずっと興味があったので勉強するなら今しかないと思いました。

T:思い切りましたね!

M:うん、正直、思い切りました。(笑)

T:では、なぜニュージーランドを選択されたんですか?

M:まず治安ですね。他の国より、いい印象があった。あと、自然があってゆったりした環境で、ニュージーランド人はフレンドリーと聞いてたので。

T:今までのところ順調に行ってますか?思い描いたように出来てます?

M:それはどうかは分からないけど、順調は順調ですね。 
あと1ヶ月でホームステイが終了するので、その後はアパートを探すか、フラットをするか、ちょっと悩んでますが、まあ、なるようになるでしょう。

T:マスコさん、強い!

M:強くないですよ。O型ですから。

T:ところで、このインタビューを掲載しているブログ 「始めたくなる留学。30歳からののニュージーランド」っていう、モロにマスコさん世代に向けたブログなんですが(笑)

M:ぴったりですよね。


T:はい。ぴったりです。(笑) ですので、今、日本で「留学しようかな~」とか、「出来るかな~」って思っている人に、何か参考になることがあれば教えて欲しいんです。

M:むーーーーーんん。。
留学したい気持ちがあるなら絶対するべきだと思う。こっちに来るまでは不安でいっぱいだったけど、来たら学ぶことがいっぱいある!いろんな国の人に出会えて、自分のキャパが広くなった。きっとこれから先の人生に活かせると思うし、決して無駄にはならないと思
う。

T:ありがとうございます。では、ヤラセのようで申し訳ございませんが(大爆笑)、オークランド留学センターをご利用いただいている感想をいただければ。。

M:出発前から親身に相談に乗ってくれて、アドバイスももらえて心強かったです。初めての留学だったので、余計。普段オフィスにはあまり顔を出さないんですけど、オークランドには、ARCがあるっていう安心感ってありますね。何かあったら助けてもらおう、と。

T:もう喜んでお助けします!

M:本当ですか?(笑)

T:It’s my pleasureですよ。

M:


このインタビューは、自分の手でキーボードを叩いてもらおうという、画期的かつ時間のかかるインタビューでした。(笑)
Masukoさん2

ふらりとオフィスに遊びに来られたマスコさんをいきなりつかまえて始ったインタビュー。快く受けてくださった上に、年齢を発表することも気軽に了承いただき、どうもありがとうございました!これからの留学生活で、困ったことがあったらいつでもオークランド留学センターに言って下さいね~!ご協力ありがとうございました。







今日のニュージーランド紹介

ニュージーランドというより、英語について、です。
おもしろいですよ。

日本人の英語 (岩波新書)日本人の英語 (岩波新書)
(1988/04)
マーク ピーターセン

商品詳細を見る

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nexsisnz.blog89.fc2.com/tb.php/353-c9033793
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。