スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和製英語!?はどれだ!!

2008年06月18日 17:12

サラリーマン   これは完全に和製英語である・・・・

雰囲気的にサラリーマンってなんだか英語に聞こえるという人も多いだろうが・・・もしくは今どきこんな間違いしないよ・・・と突っ込まれそうだが・・・でも知らない人も多くいることは確かでしょう。

答え:英語では Office worker

ニンテンドーDSで「英語ゼミ」(確かそんな名前)を今やっているのですが、そこに【英語のうんちくコーナー】があり、これが結構面白いので紹介してみようと思います。


●食べ放題が売り物のバイキング。最近あちこちで見かけますが、実はこれ和製英語。
バイキングの本拠地、北欧の前菜料理の形式からきているとか。英語ではBuffetといいます。



●フリーサイズやフリーターなど「フリー」を使った和製英語は多いのでご注意を。
フリーサイズはOne size fit all,フリーターにぴったりの単語はありません。



●近頃盛況のフリーマーケット。英語ではFree(自由な・無料の)ではなくFlea Market(ノミの市)。
カタカナではどちらも同じですが、だいぶイメージが違います。



●日本語ではハイウェイといえば高速道路。でも英語では、国道や県道などの「幹線道路」。
高速道路はFreeway,Expressway,Mortorwayなどと呼ばれます。
ちなみにニュージーランドではMortorwayを使いますよ。



●料理の名脇役フライドポテト。米国ではフランスから伝わったため、French friesといいます。
でも本当の発祥地はベルギー。また英国ではPotato chipsと呼ばれます。
ニュージーランドではFried chipsと呼びます。



●アメリカン・コーヒー、アメリカン・ドッグは本場アメリカでは通じません。前者はWeak Coffee(薄いコーヒー)後者はCorn dogと注文しましょう。



●ブラックコーヒーは、英語でもBlack Coffee。イギリスにはWhite Coffeeもあります。
こちらはミルクやクリームを入れたコーヒーのこと。ニュージーランドでもWhite coffeeがいいですか、それともBlack?と聞かれますよ。



●サンドイッチに欠かせないシーチキン。「海の鶏肉」とは納得。だけどこれ、和製英語です。
英語ではCanned tuna(缶詰めのマグロ)が正解。



●ホッチキスは英語ではStaplerといいます。
日本語とは似ても似つきません。ではなぜ?日本語はStaplerを考案した発明家Hotchkissの名前に
由来したものです。



●ピーマンは実はフランス語Pimentが転じたもので、英語ではGreen Pepper。
ニュージーランドでは、Capsicumです。全然違う!!



●「マンションに住んでいます」英語で言うのはちょっと待って!英語のMansionはもともと領主の館の意味で、「大邸宅」を指します。日本で言うマンションはApartment


へぇ~!って思った人いるよね??

また面白い和製英語あれば紹介しますね!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nexsisnz.blog89.fc2.com/tb.php/303-b6e3adea
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。