スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークランド大学(The University of Auckland)在学中

2007年01月26日 10:53

お名前:星川 雄一郎さん


CIMG4811b.jpg
当社ARCパーティーにて



私は日本の高校を卒業後、一時は日本の有名私立大学を目指していましたが、日本の受験システムや教育システムに疑問を抱き、海外への進学を目指しました。63


ニュージーランドを選んだ理由はニュージーランド大学教育水準世界的にも評価されていたからです。127



渡航後に入学したのは、オークランド大学の進学準備コースを持つ語学学校でした。ここで最初は語学コースに入学することになっていて、半年に一度ファンデーションコースへの編入試験が行われます。私も半年が過ぎたときに編入試験を受けて合格したのですが、やはりここでも「このままファンデーションコースに行っていいのか?」という疑問を抱いてしまいました。28


それは担任の先生から「まだ語学力が足りないので、編入しても厳しいかもしれない」と言われたからです。その結果、編入はしないで再び語学コースを履修することにしました。42


結局1年間まるまる語学コースに行きましたが、その後はファンデーションコースに編入することなく、英語力と日本の高校卒業資格を認められ、晴れてオークランド大学に入学することが出来ました。252


将来は教師になりたい353という目標を持っていたのでオークランド大学では言語学(Linguistics)専攻しました。


言語学というのは非常に面白い科目です。英語をメインに世界のさまざまな言語の持つ意味(階級や地域性、歴史など)を掘り下げることができます。


そして英語教授法の授業では、外国人向けに英語を教える方法を学んでいます。卒業後は日本に帰って英語に携わる仕事をしたいと思っています。


これから大学を目指される方へのアドバイスとしては「悩む前に行動しよう」ということです。英語が苦手だと言って尻込みするよりも、当たって砕けろの気持ちで臨めば何とかなるものです。91


もちろんそこには努力ということは欠かせません。218

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nexsisnz.blog89.fc2.com/tb.php/28-b4bfbce7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。