スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語学校ってどんなとこ?

2008年01月11日 13:54



ワーキングホリデーや留学を計画中の中には英語学校に通うことを考えてる人が多いと思いますが、“母国語が英語でない人が英語を学ぶ学校” というのは理解していても、実際に学校に足を踏み入れるまで、どんなところなのか想像がつきにくくありませんか?


私は01年にニュージーランドに来るまでは、海外にある英語学校とはどのようなものなのか、全く知りませんでした。(想像もしなかった。)
そして学校に行ってみて、「英語学校ってこんなものなのか。」と納得し、そして日本で行ったことにある英会話教室とは随分違うことを実感しました。

随分昔、学生の頃にチケット制の英語学校に行ったことがあります。大きなオフィスビルの中にあり、いつ行っても1クラス3、4人で、生徒の顔ぶれも違っていたし、教室もすごく狭かった。さぼることも多く、なんとなく通っていた私にとっては、周りの人たちはみんな賢そうに見えたものです。


ニュージーランドに来てみると、中学や高校のように毎日登校し1日中英語の勉強をするのでとてもびっくりしました。それに1クラスの人数も10人ほどいるし、国籍もまちまち。人より早く登校すると “どこに座るべきか”というのも毎朝のちょっとした緊張でしたね。


そこで、写真を取り入れて大体の雰囲気を紹介してみたいと思います。

題して、「英語学校ってこんなところ」 (←そのままですね)

           ビル 

オークランドを含め、多くの語学学校がビルに入っています。

受付

エレベーターを降りると、受付があります。ここは在校生への窓口となっていて、生徒からの相談や質問を受け付けています。

生徒が授業中は、学生ビザ申請書類の作成や、新入生の入学手続き、通知書類の作成などアドミニストレーションの仕事をしています。

廊下クラス割

受付の向こうに教室が広がっています。

学校によっては、どの教室で誰が学んでいるかを貼り出しています。この表で、クラスレベルや授業内容が確認できます。

授業風景3授業風景2
授業風景1

学校によって、机の並べ方が異なります。

クラスは同じレベルの人でまとめられますが、中級ぐらいが一番多く、初級と上級レベルが少ないのが一般的です。 日本人やアジア人は中級の人が多いです。

教材
学校によって教材の扱いは異なります。 生徒が買い取るパターン、学校が貸し出すパターン、そしていつもコピーで渡してくれるパターン があります。

ニュージーランドの場合は Cambridge の教科書を使うのが一般的です。

リスニング教材

多くの学校で、リスニング用機材が設置されています。学校によってはDVDも授業に利用します。


      フリーインターネット
今ではどこの学校にも備え付けてる、無料で利用できるコンピュータ。

各国語対応しているので、休み時間や放課後は人でいっぱい。

職員室
先生には 「職員室」 があります。 ここで授業の準備をしたり、テストの採点をします。

通常、先生は 「契約社員」 の扱いです。 1時間いくら、という給料を貰って授業のみ担当します。

ラウンジ1ラウンジ2

学校の中には、教室以外に 「ラウンジ」 と呼ばれるスペースがあります。

学生が食事をしたり、新入生のオリエンテーションや、卒業式に使われます。

冷蔵庫、電子レンジ、給湯器が備え付けられています。 殆どの学校がコーヒー、紅茶は無料です。

昼食時には、業者がお弁当を売りに来る学校もあります。

 

      卓球台 

      卓球台やビリヤード台を設置している学校もあります。

 

Notice Board

ラウンジには、クラシファイドコーナーもあり、「売ります。買います。」情報や旅行情報などが掲載されています。 また、多くの学校が旅行会社と契約し、週末の小旅行を生徒さんに紹介したりしています。

 

     学校というのは、だいたいがこんな作りで出来ています。


勉強する時間は、午前3時間、午後2時間が一般的。

  「フルタイム」 と呼ばれるのは、午前も午後も授業を受けること。

  「パートタイム」 は午前か午後だけ授業を受けることを言います。

そして、勉強する内容にもいろいろあって、生活で使える英語を学ぶ「一般英語」や、試験対策のための 「試験準備コース」、ビジネスで使う英語を学ぶ 「ビジネス英語」など、目的に応じて教え方が違っています。

 

どうです? 日本の英会話教室とは随分違いますよね。

 

 



ニュージーランドの語学学校についてのお問合せは、オークランド留学センターまでお気軽にどうぞ。 (こちらからお問合せ下さい。)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nexsisnz.blog89.fc2.com/tb.php/208-08402617
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。