スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドの思い出に!純銀アクセサリー3月末までの期間限定教室です。

2008年01月30日 16:01

ニュージーランドの思い出に、純銀アクセサリーを手作りで!

3月末までの期間限定教室です。

e_cube_2008_2.jpg

オリジナルの純銀ジュエリー好評実施中!
 オークランド留学センターでは、11月~3月限定で、シルバークレイ(純銀粘土)を使った
「純銀アクセサリー教室」(所要時間:2時間)を開催しています。 
 シルバークレイは日本の会社が世界で初めて開発したもので、
純銀の微粉末と水分とバインダーという
結合材の3種類が混ざり合った水性の粘土です。
普通の粘土の様に造形できるので、柔らかく、
なめらかな曲線を自由自在に作り出すことができます。
造形したシルバークレイを乾燥させて焼くと、
銀の微粉末が焼結して、99.9%の純銀になります。
つまり、99.9%純銀のジュエリーを自分で作りだすことができるのです。
 
自分に、恋人に、お世話になった人へのプレゼントに!
~お客様の声と作品のご紹介~
 
   
1.Mitsunori さん
形も完璧じゃないし、傷もありますが、それも手作りの良さです。
高いブランド物に負けない「心」の込もったプレゼントが出来ました!!
 Mitsunoriさん作品Mitsunoriさん顔写真
2.Lizさん
I had so much fun & it was very interesting.
But most of all Yuki’s encouragement, 
positive attitude & kindness made the experience special. 
Thank you.
 Lizさん顔写真Lizさん作品

3.Makotoさん
楽しく作る事ができました。
また作りたいと思いますのでよろしくお願い致します。
 Makotoさん作品Makotoさん顔写真a
 
4.Makiさん
今日はとっても楽しく、すごく良いものが出来てうれしいです!
ありがとうございました。
Makiさん作品Makiさん顔写真a

 
 
5.Chihoさん
とってもとっても!!楽しかったです。これを機会に色々作ってみたいです。
ステキなきっかけを有難うございました。
Chihoさん顔写真Chihoさん作品
 
6.Taishoさん
ガンバッテ作ってみました。なかなか良い物が作れました。
 
 Taishoさん作品Taishoさん顔写真
 
講師からのメッセージ  
金光由起:日本シルバークレイ協会認定シルバークレイマスター
講師 金光由起a
 11月に教室を始めてすでに70人以上の方に、純銀アクセサリーをお作りいただきました。
参加していただいた皆様同様に、私自身「初めて作ったときのワクワク・ドキドキ感」を
いつも忘れず持ち続けています。
そして、この教室では、「制作を楽しむ」だけではなく、
「ずっと身につけられるOne&Onlyのジュエリー」を作っていただきたいと思っています。
ぜひ、ご一緒に素敵な時間を共有しましょう!
 
 
 
1月~3月の開催日
土日祝日を除き毎日実施しています。
 
◆開催時間◆
 10:00-12:00
 13:30-15:30
 16:00-18:00
 18:30-20:30
 
◆申し込み方法◆
ARCオフィスへ直接または電話でお申し込みください。
1回の定員は3名です。
お支払い時点で予約完了とさせていただきます。
料金は$80です。
特典
期間中、ARCで語学学校フルタイム4週間以上をお申込みいただくと、無料でこの教室にご参加いただけます。
◆お問合せ◆
オークランド留学センターまで
英語でのレッスンも可能。学校のお友達お誘い合わせの上、ぜひお越しくださいませ。
スポンサーサイト

ただいま~日本から戻りました!!

2008年01月29日 15:53

皆様大変おそくなりましたが  明けましてオメデトウございます!!1

オークランド留学センターのホー真由美で~す。

この度は、大変長~いお休みをいただきご無沙汰をしておりました。日本では考えられない5週間という長期休暇をとりまして、主人の親戚がいるシンガポール、マレーシアに1週間、その後、私の母国・日本に4週間滞在しました。NZのこういうところ、大好き!!

1月ももう終わりと言うこの時期に、新年のご挨拶をさせていただいております。

今回の旅行はとても充実していました。長かったのでその分疲れましたけど・・・。

3●歳にもなると気持ちははしゃいでいても体がついてこない・・悲

日本には3年半ぶりに帰国したのですが、まさに浦島太郎子になり、テレビをみても「オッパッビー♪」ってなんのこと??「ラララライ♪」と歌う人たちは一体・・・・という有様でしたが、なんとか数週間も経つと、「そんなの関係ねぇ~!」と言えるぐらいにはなりましたよ。

5週間の休暇もあっという間に終わり、久しぶりにNZの夏に戻ってきました。久しぶりの「オークランド留学センター」のオフィスに戻れて今は、嬉しい気分です。それに待ってくれている人たちがいるのが嬉しいですね。

スタッフの方や同じフロアで働く人、そしてオークランド留学センターのお客様が待っていてくれて感動でした。

さて、今年もたくさんのお客様がこの素晴らしい国NZを楽しんでいただけるように頑張って行きたいと思います。

2008年度も「オークランド留学センター」をどうぞ宜しくお願いいたします。

今年も笑顔を絶やさずに楽しいオフィス作りを目指します!!

NZのことなら、いつでも連絡ください!◆

Mayumi HO

mayumi@arcnz.co.nz

 

**今年の抱負をまだ考えていなかった・・・また後ほどお披露目ですね・・・

 

 

 

ARC本格始動です。

2008年01月25日 19:51

まずは祝日のお知らせを。

1月28日(月)はオークランド・アニバーサリーという祝日です。
北島半分は一斉に祝日になります。ARCもお休みさせていただきます。
(ちなみに次の祝日は2月6日のワイタンギデー)



次に、ARCのお知らせ。

.真由美不在中の業務資料を作成してくれた、いわば“右の代打”、美智子さん は今日で業務終了です。私たちが全然知らなかったエクセルのテクを駆使して、ものすごく活用できる業務資料を作って下さいました。やっぱり、新しい血を会社に入れるということは必要なことですね。どうも、ありがとうございました。
代打陣
.真由美不在中のARC最新情報コーナーを担当した、“左の代打”、ワタクシ小西もこの情報コーナーを書くのが今日で最後になります。1月7日から始めて、思ったよりもたくさんのネタをアップすることが出来たのではないかと自負しています。(中身はともかく。) 今後は、 自分のブログで地味に文章を書き続けます。よかったらたまに見に来て下さい。



.そしてホー真由美、1月29日(火) 今年初出勤。(の予定です。)
5週間もの長期休暇をマレーシア、シンガポール、そして日本各地で過ごしたようで、日本で会った人たちから、「眠っていた物欲に火がついたようでした。」とか、「真由美さんは食い倒れしまくりました。」というレポートが届いています。(帰りの飛行機でもし万が一何かあっても、もう思い残すことはないでしょう。)
きっと新しい服で、「太りました。けど、楽しかった~。」と言いながら登場することでしょう。
幸福




ということで、オークランド留学センターオフィスはようやくフルメンバーで(と言っても2人だが。。)営業を開始します。メールでの問合せ、オフィスへの直接訪問、大歓迎です。

今年もオークランド留学センターをご利用下さいますよう、お願い申し上げます。



お昼休み
最近の昼時のオフィス。
「アットホームなオフィス」を自称するだけのことはあるのでは、、。
なぜかみんなお弁当を持って集まってくる。女子校の昼休み時間のようです。


Whitireiaの校内入試情報

2008年01月24日 14:52

一般的に、Tertialy(ターシャリー)つまり高校以上の教育機関、(ポリテクや大学)に、留学生が進学を希望する場合、高卒資格など学業証明に加えて、英語力を証明できるものを提出する必要があります。 

最も有名なものが、英国連邦の国々(オーストラリアもそうですね。)で使われているIELTS。もしくは、アメリカの基準TOEFLといった試験でのスコアです。(日本で知られているTOEICは、一部私学専門学校を除き、みなされてはいません。)

コースによりますが、IELTSでは5.5~6.5点のスコアが求められます。単純比較することは不可能ですが、おそらくTOEICで言うと700点~900点レベルの英語力が求められます。


しかし、学校によっては“校内入試にパスすれば、IELTS不要!”という学校もあります。

学内入試の結果が、IELTSの5.5~6.5に相当する点数であることを認め、入学を許可するというシステムです。私立専門学校や、留学生の受け入れを積極的に行っているポリテクニックでは、この校内入試システムが導入されています。


本日ご紹介するのは、ウェリントンに本校があるWhitireia Poytechnic 。(フィティレイアと発音します。)
オークランドに留学生専用の分校を持ち、様々な分野での高等教育を提供しています。卒業生の中には、現在ニュージーランドのビジネス界で働いている人もたくさんいます。

近年人気のあるコースが、Diploma in Early Childhood Education〈1 年)。ニュージーランドの幼稚園に勤めるために必要な資格が取得できるコースで、つい最近、ARCから紹介させていただいたお客様が校内入試にパスし、このコースで学ぶことが決定しました。また、Hospitality Managementのコースも大人気です。



専門資格の勉強しようと考えている方には、大きなチャンスです。
Whitireiaの校内入試の要綱は以下の通り! 

フィティレイア校内入試要綱
(フィティレイア コミニュティ ポリテクニック オークランド校)
専門課程2 月18 日入学希望者対象
►Diploma in Hospitality Management 〈18 ヶ月〉
►NZ Diploma in Business〈16 ヶ月〉
►Bachelor of Applied Business〈3 年〉
►Diploma in Early Childhood Education〈1 年〉
►Bachelor of Information Technology〈3 年〉
試験日程: 2008 年 1 月25 日〔金〕
2 月8 日〔金〕
2 月15 日〔金〕
時間:午後13:00 スタート 〔集合12 時50 分〕
持参する物:筆記用具、パスポート又は学生証
要予約:事前にフィティレイア オークランド校へ校内入試予約申込書提出
費用:無料


校内入試を希望される方は【オークランド留学センター】で予約が出来ますので、お気軽にお問合せ下さい。 

メールアドレス: info@arcnz.co.nz

もしくはこちらからお問合せ下さい。手続き料、手配料一切不要です。


Whitireia
クイーンストリートにあるキャンパスは、最新設備が揃った、広く綺麗な建物です。

暑中お見舞い申し上げます。

2008年01月23日 13:35

暑中お見舞い申し上げます。
暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

雪の降るさむ~いニッポンでこれを読んでる方には想像もつきにくいことでしょうが、ここオークランドは真夏なんです。太陽はこのうえもなく明るく輝き、セミは元気よく鳴きまくり、人々はまるで光合成でもするかのように、太陽の下で遊んでいます。

日本のようなじめじめとした湿気はないので、夏といえども爽やかで、日中の最高気温も28℃と、非常に過ごしやすいのです。雨が多く、寒い冬を越してきて、ようやく手に入れた夏の日々を楽しもうと、週末の海やプールは夏休み中の子供を連れた家族連れでいっぱい!



海1
海に囲まれたオークランドは、気軽に行ける海水浴場がたくさんあります。
ここはタカプナにあるビーチ。日本のように、潮がべとべとしないのもいいです。


海2
ミッションベイのビーチ。


parakai2
オークランドから車で40分。Parakai Springsは、天然温泉を利用したプール。
http://www.parakaisprings.com/

parakai1
屋根付きのプールは、温度が38℃くらいなので、長くゆっくりとつかっていられます。



アイス
泳いだ後はアイス!

いちご
いちご狩りも今がシーズンです。



BGMにこちらもどうぞ。

注目の専門学校 ICL

2008年01月22日 12:49

年前までICLと言えば 「中規模サイズの一般英語の英語学校」 として知られていましたが、経営者が変わり、この2,3年で学校形態が大きく変化を遂げました。


約4年前、人材不足のニュージーランドの需要に合わせるタイミングで、Early Childhood Education という、幼稚園教諭になるための資格コースを開設。これが、安定した生徒数を集めるようになり、英語学校以外の顔として、オークランドでは随分と知られるようになりました。

そして昨年は、ACGという大手私立学校チェーンからビジネススクールを買い取り、ビジネスディプロマの取れる学校・ニュージーランド&オーストラリアの大学に進学が出来る学校に変貌を遂げました。 このあざやかな変身は、時代のニーズを読み先手を打った経営陣のセンスと言えるでしょう。


International College of Linguistics の頭文字を取って ICL と略称される学校ですが、英語コースは従来のICL(International College of Linguistics)、そしてビジネスコースはICL Business Schoolの名前で運営されています。

そのビジネスコースで学べるコースと資格名
①La Trobe University Foundation Programme
  ・La Trobe University Diploma of Business Administration 12ヶ月
  ・La Trobe University Diploma of Information Systems 12ヶ月
②New Zealand Diploma in Business
・New Zealand Diploma in Business Level6
③Early Childhood Education
・National Certificate in Early Childhood Education and Care Level5


今回取り上げたいのが、①のLa Trobe University Foundation Course.
La Trobe Universityは、オーストラリアのメルボルンにある国立大学で、この大学に入学するための基礎勉強をするコースとなっています。このコースを満了すると、La Trobe以外にも、Adelaide University, Victoria University of Wellington, Massey University,Auckland University of Technology の学部レベル(Bachelor)2年目へ編入することが出来ます。(Majourはビジネスになります。)


日本人の場合、どういった学生が対象になるかと言うと ①ニュージーランドの高校でYear12または13を修了したが、NCEAのクレジットが不足していて、ニュージーランドの大学に直接入学が出来ない学生。 ②日本の高校を卒業した人で、大学には行ってない人。 になります。



ニュージーランドへは高校留学生がたくさん来ていますが、多くの学生が日本に戻り、日本の大学に進学します。海外の大学へ進学を考える人はとても少なく、またNCEAのクレジットが足りなくて国立大学の入学を諦める人も多いのが現状です。 しかし、このコースであれば卒業するのに1年ですし、大学生は2年生から始めることが出来るので、遠回りになることもありません。 高校は2年までにして、3年目はこのコースを受講して、翌年は大学生になることが出来ます。
カリキュラム内容は当然高水準で、簡単なものではありませんが、大学入学という目標に近づくための1つのルートであるのは間違いありません。

ICL Masakosan
ICLのマーケティング担当、正子ドフマンさん。
英語の勉強の仕方から、アカデミックコースへの進学カウンセリングまで幅広く生徒の相談に乗って下さいます。明るく、頭の切れるキャリアウーマンですよ~!




オークランド留学センターでは、高校留学を含め大学進学のご相談も承っています。

お気軽にお問合せ下さい。





Queens AcademyにTESOLコース新登場

2008年01月22日 11:56

今や“大規模”校と言えるQueens Academyが、新しくTESOLコースを開設することになりました。

TESOLとはTeaching English to Speakers of Other Languages の略で、英語を母国語としない人に英語を教えることを言います。ここ数年、ニュージーランドで学ぶ外国人の間ではこの資格が人気で、ワーキングホリデーでお越しの方も、帰国前にTESOLコースを受講されています。



Entry Requirement: 18歳以上

一般英語でIntermediate (Level 4) 以上が必要になります。
(コースお申し込み時にレベル判定テストをさせていただきます。)

Start Date: 10th Mar 2008 to 04th of Apr 2008

Length of Course: 4 weeks

Price: $1600 ($400 p/w)
TKT Exam $210 (Optional)

Class Size: 8 ~ 12

お席に限りがありますのでお早目のご予約をお願いいたします。


Queens Noriさん
Queens Academyの日本人カウンセラーの尾崎さんは、元ボクサー。
ARCの真由美が両手腕相撲を挑んだが、善戦むなしく敗れました。
(ARC2008年の謝恩会にて)


この学校についての問合せは


【オークランド留学センターまで!】

『夢と野望』 

2008年01月18日 17:56

オークランド留学センターのお問合せいただくお客様の30%くらいは、将来はニュージーランドを含めて海外で仕事をしたい、あるいはニュージーランドに移住したい、という20代後半から30代後半にかけての女性のお客様です。

永住権申請のためには、学歴や職歴をポイント換算し、移民局の定めたポイント以上がないことには申請すらすることが出来ません。 また、申請するポイントに達していても、ニュージーランドでの雇用者がいないと、なかなかうまくいかないのが現状です。

そのため、まずは仕事を見つけて1、2年働き、それから永住権申請をするというのが、遠回りのようで近道となっています。


『仕事は簡単に見つけることが出来るのか?』



というのが気になるところですが、経験が少なくスキルの低い人には、(英語力や個人の素質、タイミング、縁など要素はいろいろありますが)決して門戸が広いとは言えません。  まずは、学校で学んで知識を付け、資格を取得して仕事を得る。これが仕事を見つけるためのステップとなっています。

日本での実務経験を活かしてさえも就職が出来ない場合は、

英語学習 (専門コースへ進むための英語資格IELTSの勉強)


  ↓

ニュージーランドの資格取得 (一般的にはDiplomaレベル)


  ↓

就 職

  ↓

永住権申請 



という長い道のりを歩むことになります。


(こういう事実をご説明すると、それまでメールのやり取りをしていたお客様からパタっと返事が来なくなってしまうケースが多いです。涙


それでも、夢を持ち続け、実現に向けて、長い道を行く人も、夢を実現された方もたくさんいらっしゃいます。


では、一体どういう分野の勉強をされているか気になりますよね。大学を除いて、Dipolomaレベルの人気コースを挙げてみましょう。


 ITコース :  この分野はニュージーランドでは、人材不足なので就職の間口が広い。

● Hospitalityコース : 主にはホテル業界での就職に役立ち、ニュージーランドのホテルに就職する日本人も多い。

● Environmentコース : 最近日本でもよく言われる「環境」に関するコースです。ニュージーランドは環境保全にすごく気を使っている国で、日本から学びに来ている人も多い。

● Early Childhood : これまでなかった幼稚園の教員免許を資格化させたことにより、ニュージーランドでは幼稚園の教員不足が深刻な問題となっています。日本で幼稚園教員をしていた人でもニュージーランドではニュージーランドの資格を取らないといけないですが、この分野で学ぶ人は多い。

このほか、老人介護、アロマセラピー、自動車整備などがあります。案外人気がないのが、トラベル&ツーリズムで、この業界はすでに成熟しきっているようです。



なぜ今日はこのような事を書いたかというと、今年の営業を始めてまだ2週間なのに、すでに3名ものお客様が、上記の道を歩まれることを決められたからです。



ARCの情報がお役に立って嬉しいです。 
 
  素直に、純粋に、嬉しいです。




New Year's Resolution
新年の誓い  

の熱いうちに!!




ARCは大きな野望を胸に抱いている方のお役に立ちたいです!



お問合せは 【オークランド留学センター】まで。

コロマンデルの学校

2008年01月17日 16:45

僕が生まれて始めて、親しく長時間話をして一緒に遊んだりした外国人は、フィリピンの旅行会社に勤めていた男の子でした。旅行会社の添乗員として働いていた僕が、ピナツボ火山の爆発で被害を受けた地域を復興させるボランティアツアーで1992年にフィリピンに行ったときに、あれこれと世話を焼いてくれたのが彼で、同世代(当時24歳)ということもあって、すぐに仲良くなりました。つたない英語で何を話したのかは全然覚えていませんが、その後2年くらいはマニラに行くたびにガイドとして同行してくれ、仕事が終わった後は食事に行ったり、奥さんも一緒にボーリングに行ったりしていました。添乗員としての業務が終わった後もしばらくは手紙のやり取りをしていましが、そのうちに疎遠になってしまいました。


そして、その次に親しく話しをして、日本の自宅に遊びに来てくれたり親交を深めたのが、ニュージーランド人のモーリスさん。 この方はコロマンデルにある英語学校のオーナーです。旅行会社の営業マンとして勤務していた96年頃に仕事の関係で出会って早や12年。最初の頃は僕が学生を連れて彼の住む町に行っていましたが、2001年ニュージーランドに移住後も留学業界で働いているため長い付き合いになりました。今でも担当している学生団体に同行し、年に2度は彼の学校のあるWhitiangaに行き、酒を酌み交わし、彼がオークランドに用事がある時はオフィスを尋ねてきてくれます。 もう60を過ぎたにも関わらず、いつも好き嫌いがはっきりししていて、よく喋べるアグレッシブでおもろいおじさんです。


彼の経営するCoromandel Outdoor Language Centreの特徴は、アクティビティ。

海辺のリゾート地にある学校ですが、周りは山や農場に囲まれていますのでマリンスポーツだけでなくファームアクティビティも楽しむことが出来ます。

はじめてこの地を訪れたときは、海は美しいし、空は広く、夜は星が手に取れるように瞬いているし、都会からやって来た身としては驚きの連続でした。



ニュージーランドの自然に触れたい! でも英語も勉強したい! という方に是非お勧めしたい学校です。

嘘じゃなく、『校内English Only』が徹底されてるんですよ!

モーリス校長
本日のお客様・モーリスさん。


この学校の情報は

【オークランド留学センターまで!】

Tasman Int'l の IELTS夜間コース

2008年01月16日 16:09

先日「英語学校ってどんなとこ?」という題材で記事を書きましたが、英語学校によっては、日本の英会話スクールのように、仕事帰りに通えるところもあります。

・昼間は仕事をしている人

・日中は別の勉強をしている人

・昼に勉強すると眠たくなる人。 これは冗談ですがいろんな理由で、夜間に学校に通われる方がいらっしゃいます。

夜間コースで人気があるのが、実はIELTS試験対策コースです。

IELTSはTertialy(高等教育機関)への入学を希望する外国人学生が、英語力を証明するために作られた試験ですが、永住権の申請の際にも英語力を証明するために6.5点以上のスコアを提出しなくてはいけません。そのため、永住権申請のためにIELTS対策コースで勉強をしている人も結構いらっしゃいます。そいういう方は昼間は仕事をしているので、夜間コースに通わざるを得ないわけです。 あるいは、専門コースに進むため少しでも時間を有効に使おうと、夜間のコースに行かれる方も多いです。

オークランドには、夜間IELTSコースを開講する語学学校がいくつかありますが、今日ご紹介するのは Tasman International Academy です。

まだ出来て2年の学校なので、日本人には知名度は低いですが、学生の多くがIELTSコースを受講している、「IELTS人気校」。 夜間のIELTSコースも人気で、つい先日、日本人学生が8週間の勉強で6.5というハイスコアを取ることが出来ました。

「教え方がバツグンにうまい。」先生がいることはもちろんですが、今回この学校を紹介してみようと思ったのは別の理由があるからなんです。


「仕事が終わった後、夜間IELTSコースで勉強して、目標スコアを目指します!」 

いずみさん

同校の日本人マーケティング担当のいずみさんが、IELTSにチャレンジすることになったからです。

「自分のため、はモチロンのこと、生徒さんと同じ目線で授業を受けることで、この学校の良いところ、悪いところを実感し、さらにいい学校にしたいから。」 という理由だそうです。 熱いじゃないですか!!ステキです。 来週からは、夜間コースで彼女も勉強をしているそうです。 夜間コースをお考えの方は、この学校でいずみさんと一緒に頑張ってみませんか!?




Tasman International Academiesについてのお問合せは


【オークランド留学センターまでどうぞ!】

St George はここがおもしろい!

2008年01月16日 14:12

グラスの底に顔があってもいいじゃないか。」と言って、ウィスキーグラスの底に顔を彫ったのは岡本太郎だが、(古すぎてわからないひとはこちら)、 


海外の英語学校で、日本人が教えてもいいじゃないか。」


と言って、英語の文法補習を日本人の先生が担当してくれている語学学校があります。

その学校は、St George Institute of Learning (長いので、私はいつもセントジョージと呼んでいます。) という名前の中規模語学学校で、英語専門コースに約100人、ビジネスディプロマコースに約30人が在籍していて、オークランドの中心地にあります。


「初心者、あるいは長い間英語に触れていなかった人にとって、文法を覚えるのには(思い出すのには)、どうしても理論的に考えることから始まりますので、慣れるまでは日本語で習ったほうがいい。」と私も前々から思っていたのですが、この学校ではその取り組みを一昨年から続けています。

「え~っ、折角海外にいるのに、日本人から学ぶんですか?」
 と思われるかもしれませんが、100%習うわけではないのです。

下の表をご覧下さい。 この学校は09:00-13:00が一般英語(またはIELTS)の授業なのですが、午後は無料で授業を提供していて、そのうちのひとつとして毎週火曜と木曜の午後1:30~2:30 を日本人教師による文法クラスとしているのです。

St George2

St George1
担当の先生はこちらMikaさん。
日本で英語教師だったこともあって、この学校ではマーケティング担当以外に、日本人向け文法クラスを担当しています。関西出身で柔らかな物腰と、明るい笑顔が評判の方で、たくさんの生徒さんに慕われています。

初級~中級レベルの日本人生徒の多くが、この授業に参加されているそうです。

分からないことを、「ここが分からない。どうしてそうなるのか?」 と母国語で聞けることで、正しい答えを自分の中にインプットできるのですから、この補習授業はとても有益だと思います。


自分の興味ある授業を無料で受講できるという特徴に加えて、この学校の強いのが“IELTSコース”。
担当の先生は、なんと現役の試験官で、点数の取り方をばっちり心得てらっしゃいます。そして、彼の勉強法に従って努力した生徒さんのほとんどが目標の点数を取得できています。



こんな特徴のあるSt George Institute of Learning に関する質問は

【オークランド留学センターまでお気軽にどうぞ!】



オークランド地域以外の学校手配もお任せ下さい。

2008年01月15日 12:22

当社はオークランド留学センターという名前なので、

取り扱っている学校はオークランドだけ?

と思われているお客様が多いようですが、まったくそんなことはございません。ニュージーランド全土の語学学校を取り扱っています。

一目で何処にあってどんなことをしている会社か分かってもらえるには?
ということを考えた結果、オークランド留学センターという名前で営業をさせていただいているんです。



「オークランドにいたら、クライストチャーチの学校の最新情報とか分かんないでしょ?」

と思われるかもしれませんが、そんなことを言ったら「日本にある留学エージェントは一体どうなるのでしょうか?ということで、今回は、オークランド留学センターが地方の学校も扱っているし、最新情報を網羅しているということを宣伝させて下さい。


まず、英語学校や専門学校とは「代理店契約」というものを正式に交わします。学校が行うセールス・プロモーション活動の一部を当社が代理で行うという契約を交わして始めて、代理店となります。


代理店になると、学校からパンフレットやポスターなど販促のための備品が送られてきます。それらをお客様に見せるだけではなく、日本語に直して見やすく作り直すこともします。さらに、学校からはEメールで定期的に学校の最新情報が届きます。現在の学生数や、先生の紹介、最近行ったアクティビティ活動、検定試験の合格者数など、その学校をプロモーションするうえで必要な情報というのが、どんどん送られてきます。

そういう情報は、学校が一方通行で流すものですので、お客様の評判までは分かりにくいものです。

しかし、当社では在籍している生徒さんにお願いをして、授業のことやサービス面、さらに他人に勧めることが出来るかといった細かいアンケートを取っています。このアンケートは、学校の地域を問わず行っており、ファイル管理されています。もちろん、お客様が当社にお越しいただければ自由に閲覧をしていただけるようになっています。


目で見る情報だけではなく、その学校の経営者とも頻繁に会います。


オークランドで開催される語学学校の会合に出席すれば、いろんな地域の学校の経営者に会って話をすることが出来ます。また、その学校の人がオークランド留学センターに足を運んでくださることもよくありますし、私たちが出張して訪問することもあります。学校の人に会うと、その学校がどんなカラーなのか、特徴は何かといったことがよく分かります。

こうした情報とお客様の声をもとに、そして私たちのインスピレーションを加えて、学校案内をさせていただいています。ニュージーランド全土の語学学校、専門学校を取り扱っていますので、オークランド地域以外の留学をお考えの方もどうぞお気軽に、お問合せ下さい。
【オークランド留学センターへの問合せ画面はこちら】



RELA
Rotorua English Language Academy(ロトルア)のChrisさんと。

Taupo
Taupo Language & Outdoor Education Centre(タウポ)のMary-Roseさんと。

New Horizon
New Horizon College of English(ネイピア)のChristineさん、Kurtさんと。

Garden City
Garden City English School(クライストチャーチ)のRobさんと。




DAISEIDO
クライストチャーチのアイコン。「大聖堂」
ここの広場に座っていると必ず知り合いに会える。

電車
 クライストチャーチのトラム

AISで長期学習

2008年01月15日 10:42

オークランドの私立専門学校としてのリーダー的存在のAIS St Helensの英語コースが、

長期申込者対象に以下の割引サービスを実施中です。


●10週間―19週間のお申し込みの場合
お申し込み週 の授業料から2週間分の授業料をディスカウント

●20週間―29週間のお申し込みの場合
お申し込み週 の授業料から4週間分の授業料をディスカウント

●30週間―39週間のお申し込みの場合
お申し込み週 の授業料から6週間分の授業料をディスカウント

●40週間―48週間のお申し込みの場合
お申し込み週 の授業料から8週間分の授業料をディスカウント


AISの英語コースは1週間の授業料が$350です。(申込みが長いほど少しづつ安くなる。)

仮に36週間申し込んだとすると本当なら$320x36週=$11,520
しかし、この長期割引だと6週間分をディスカウントしてもらえるので
実際の計算は $320x$30週=$9,600.
つまり、 $1,920 もお得になるのです!!


これに、オークランド留学センターが独自に行っている早期&長期申込み割引を加えると、さらにこれよりも安くなります!!



1、2ヶ月ではなく、半年、それ以上のいわゆる長期で語学習得を目的とした留学をお考えの際はこういった、スペシャルディスカウントを上手に組み合わせるのが、得策ですよ!


AIS St Helens 校舎



Haruyo Kobayashi
AISには日本人マーケティング担当の小林春代さんという、綺麗で優しい女性がいらっしゃいます。
学内で困ったことがあれば、彼女がスーパーマンのごとく助けて下さいますので、生徒も安心です。
(スーパーマンじゃなくて、スーパーウーマンかな?)


AIS St Helensは就職に有利に専門コースがたくさんある学校です。

コースによっては永住権申請のポイントに大きく役立つものもあります。

ニュージーランドは、海外就職、海外移住にチャンスのある国です!
大きな目標を持った方が夢を叶えることの出来る、約束の地ですよ。



過去のAIS情報はこちらこちらでも掲載しています。


AIS St Helensに関するご質問はオークランド留学センターまで!



NZ土産にアボカドオイル

2008年01月14日 13:51

ニュージーランドのお土産と言えば、はちみつ、ウール製品、ワイン、乳製品、マオリ工芸、グリーンストーン、バジービー といったものがあげられますが、実は


「アボカドオイル」 が隠れニュージーランド土産だってことをご存知でした?
 

オリーブオイルよりも体によく、しかもニュージーランド産は他国のものよりも高品質なんだそうです。インターネットで検索をしてみても、ニュージーランド産のアボカドオイルが検索されます。


アボカドオイル


お料理好きな方に、いいお土産になると思いますよ。



アボカド
実はワタクシ今まで、「アボド」と思っていました。

先日、オイルの瓶を眺めていて、本当は「アボド」だったことに気づきました。


なんだか、心の奥のほうが、恥ずかしさでこそばくなるような発見でございました。








英語学校ってどんなとこ?

2008年01月11日 13:54



ワーキングホリデーや留学を計画中の中には英語学校に通うことを考えてる人が多いと思いますが、“母国語が英語でない人が英語を学ぶ学校” というのは理解していても、実際に学校に足を踏み入れるまで、どんなところなのか想像がつきにくくありませんか?


私は01年にニュージーランドに来るまでは、海外にある英語学校とはどのようなものなのか、全く知りませんでした。(想像もしなかった。)
そして学校に行ってみて、「英語学校ってこんなものなのか。」と納得し、そして日本で行ったことにある英会話教室とは随分違うことを実感しました。

随分昔、学生の頃にチケット制の英語学校に行ったことがあります。大きなオフィスビルの中にあり、いつ行っても1クラス3、4人で、生徒の顔ぶれも違っていたし、教室もすごく狭かった。さぼることも多く、なんとなく通っていた私にとっては、周りの人たちはみんな賢そうに見えたものです。


ニュージーランドに来てみると、中学や高校のように毎日登校し1日中英語の勉強をするのでとてもびっくりしました。それに1クラスの人数も10人ほどいるし、国籍もまちまち。人より早く登校すると “どこに座るべきか”というのも毎朝のちょっとした緊張でしたね。


そこで、写真を取り入れて大体の雰囲気を紹介してみたいと思います。

題して、「英語学校ってこんなところ」 (←そのままですね)

           ビル 

オークランドを含め、多くの語学学校がビルに入っています。

受付

エレベーターを降りると、受付があります。ここは在校生への窓口となっていて、生徒からの相談や質問を受け付けています。

生徒が授業中は、学生ビザ申請書類の作成や、新入生の入学手続き、通知書類の作成などアドミニストレーションの仕事をしています。

廊下クラス割

受付の向こうに教室が広がっています。

学校によっては、どの教室で誰が学んでいるかを貼り出しています。この表で、クラスレベルや授業内容が確認できます。

授業風景3授業風景2
授業風景1

学校によって、机の並べ方が異なります。

クラスは同じレベルの人でまとめられますが、中級ぐらいが一番多く、初級と上級レベルが少ないのが一般的です。 日本人やアジア人は中級の人が多いです。

教材
学校によって教材の扱いは異なります。 生徒が買い取るパターン、学校が貸し出すパターン、そしていつもコピーで渡してくれるパターン があります。

ニュージーランドの場合は Cambridge の教科書を使うのが一般的です。

リスニング教材

多くの学校で、リスニング用機材が設置されています。学校によってはDVDも授業に利用します。


      フリーインターネット
今ではどこの学校にも備え付けてる、無料で利用できるコンピュータ。

各国語対応しているので、休み時間や放課後は人でいっぱい。

職員室
先生には 「職員室」 があります。 ここで授業の準備をしたり、テストの採点をします。

通常、先生は 「契約社員」 の扱いです。 1時間いくら、という給料を貰って授業のみ担当します。

ラウンジ1ラウンジ2

学校の中には、教室以外に 「ラウンジ」 と呼ばれるスペースがあります。

学生が食事をしたり、新入生のオリエンテーションや、卒業式に使われます。

冷蔵庫、電子レンジ、給湯器が備え付けられています。 殆どの学校がコーヒー、紅茶は無料です。

昼食時には、業者がお弁当を売りに来る学校もあります。

 

      卓球台 

      卓球台やビリヤード台を設置している学校もあります。

 

Notice Board

ラウンジには、クラシファイドコーナーもあり、「売ります。買います。」情報や旅行情報などが掲載されています。 また、多くの学校が旅行会社と契約し、週末の小旅行を生徒さんに紹介したりしています。

 

     学校というのは、だいたいがこんな作りで出来ています。


勉強する時間は、午前3時間、午後2時間が一般的。

  「フルタイム」 と呼ばれるのは、午前も午後も授業を受けること。

  「パートタイム」 は午前か午後だけ授業を受けることを言います。

そして、勉強する内容にもいろいろあって、生活で使える英語を学ぶ「一般英語」や、試験対策のための 「試験準備コース」、ビジネスで使う英語を学ぶ 「ビジネス英語」など、目的に応じて教え方が違っています。

 

どうです? 日本の英会話教室とは随分違いますよね。

 

 



ニュージーランドの語学学校についてのお問合せは、オークランド留学センターまでお気軽にどうぞ。 (こちらからお問合せ下さい。)

名刺の肩書き、学位

2008年01月10日 14:40


ニュージーランド人を含め、英語圏の学校関係者と名刺交換をしたことのある人であれば、
名前の下にビジネスタイトル(役職)に加えて学位が書かれていることをご存知と思います。


オークランド留学センターは一応、「教育業界のリクルートビジネス」 ということになりますので、
学校の経営者やスタッフと名刺を交わす機会が多く、よく学位が書かれた名刺を貰います。

よく見る略語を羅列してみると次のようになります。


【学部レベルの資格】

サーティフィケート,ディプロマ
Higher National Certificate (HNC)
全国高等サーティフィケート

Higher National Diploma (HND)
全国高等ディプロマ

Diploma of Higher Education (DipHE)
高等教育ディプロマ

第一学士・学士学位
Bachelor of Arts (BA)
文学士
Bachelor of Science (BSc)
理学士
Bachelor of Education (BEd)
教育学士
Bachelor of Engineering (BEng)
工学士
Bachelor of Laws (LLB)
法学士
Bachelor of Medicine (MB)
医学士

【大学院レベルの資格】

サーティフィケート,ディプロマ
Postgraduate Certificate (PG Cert)
大学院サーティフィケート
Postgraduate Certificate in Education (PGCE)
教育学の大学院サーティフィケート
Postgraduate Diploma (PG Dip)
大学院ディプロマ
Diploma in Social Work (DipSW)
社会福祉学ディプロマ

修士学位
Master of Arts (MA)
文学修士
Master of Science (MSc)
理学修士
Master of Business Administration (MBA)
経営学修士
Master of Laws (LLM)
法学修士
Master of Philosophy (MPhil)
哲学修士


博士学位
Doctor of Philosophy (PhD)
哲学博士

 

こうやって並べてみると、今までに見たことのあるものがたくさんありませんか?

ニュージーランドを含めた英国圏の高等教育機関(Tertialy)で得られる資格(Qualification)は

学位(Degree)とその他の資格(CerificateやDipolomaなど)に大別されます。

ニュージーランドにおいて、学位は大学、ポリテクなどで取得することができ、日本の大学と

同じ学部レベルの資格Undergraduate  qualifications、大学院レベルの資格を

Post Graduate qualification に分かれます。


名刺2

この方は次の学位、資格を有しているということになる。

M Ed Admin : Master Degree in Education Administraion

BA: Bachelor of Arts

Dip ED: Diploma in Education

Dip Tchg : Diploma in Teaching


名刺3

この方も

M Ed(Admin): Master Degree in Education Administration の学位を有していますが、

(Hons)  という文字が入っています。

これ、優等(Honours)レベルという意味です。調べてみると次のように書いてありました。

優等学位の取得者は,複雑な知識の理解と,多くの種類の職業に応用されうる分析的な技法および問題解決技術を身につけている。証拠,論拠,仮定を批判的に評価し,正しい判断に達し,効果的に伝達することができる。

 

ニュージーランドを含めて英語圏の方と名刺を交換する際の参考まで。

 

PS,もし、これをお読みのあなたが4年生大学を卒業した場合はBachelor になりますので、

BA (Bachelor in Art) の文字を名刺に入れてもいいわけです。

海外または外資系企業就職を目指す方々のためのプログラム

2008年01月08日 17:35

海外または外資系企業就職を目指す方々のためのプログラム

これは、オークランドにあるAuckland English Academyが今年開設した2週間のコースです。


文字通り、「海外または外資系企業就職を目指す方」を対象にしています。
参加対象年齢は18歳~40歳まで。


どんな内容なのか気になりますね。


 ■2weeks of English language immersion (つまり、2週間英語漬け)
 
 ■2xC.V workshops Building your state-of-the art Curriculum Vitae (履歴書作りの授業が2回。 日本と違い決まった書式がないので、履歴書の作り方ひとつで企業に与える印象はことなります。

 ■2 Internship afternoons at an internationally-focused company (海外取引に重点をおいてる企業でのインターンも2回体験できます。)

  このほか、大学訪問や就職活動に必要な知識などを学びます。


対象を18歳から40歳にしてはいるものの、このコースは現役大学生にとってはいいコースだと個人的には思います。

コース費用 $970 (入学金$180,授業料$790)

コース開始日:  3月3日、3月17日、3月31日


  ちょうど春休みにあたる時なので、もしニュージーランドに英語の勉強に行こう、と考えてる学生さんがいれば、英語だけじゃなくて、こんなコースで勉強してみると、楽しいですよ★ 



このほかオークランドイングリッシュアカデミーでは、1月から3月までのキャンペーンとして以下を実施中。 

●一般英語コース、IELTSコースのキャンペーン

  ・5週間お申込みの場合: 1週間無料追加

  ・10週間お申込みの場合:3週間無料追加

  ・20週間お申込みの場合:6週間無料追加


●コミュニケーションイングリッシュ+NZ就職サポートコース

  ・8週間お申込み $2,980 → $2,500

  ・13週間お申込み $4,720 → $3,700

●TESOLコース

  ・10週間コース $5,500 → $5,100


お問合せはオークランド留学センターまで!(クリック

ARCと言えば、、、、鍋?

2008年01月08日 10:41

去年のクリスマス前後には、関係機関を始め多くの方からクリスマスカードを頂戴しました。
クリスマスカードは、日本の年賀状と似ていて、ニュージーランドでも恒例化しています。

これまでARCをご利用いただいたお客様からも、たくさんの心温まるクリスマスカードを頂きました。
本当にありがとうございます。

その中のひとつ。

すごっ! 立体のサンタさんがいっぱい。 
2006年4月から10月までの半年、ワーキングホリデー制度を利用して英語の勉強に来ていたMikiさんからです。


クリスマスカード
さすが日本のカードだねぇ。とスタッフ一同驚いていたのですが、裏のコメントを読んで大笑い



クリスマスカード2


「NZでのくらしが懐かしく」 うん、うん、懐かしいだろうなあ。


「ナベを食べるたびに」  ん?



「オークランド留学センターを思い出します。」 


・・・って、オークランド留学センターは、ちゃんこダイニング若か~っ!!(←行ったことも見たこともないけど。)



しかし、ナベ=オークランド留学センター というのはニュージーランドに留学に来た人の言葉とは思えないですネ。

実はオークランド留学センターは、お客様の懇親をはかるという意味と、それぞれがネットワークを広げて欲しいという思いで、ほぼ1ヶ月に1度、オフィスでの飲み会を開催しています。(海外生活で大切なのは、ネットワーク!)

Mikiさんのいた頃は、『冬』の真っ盛りで、『鍋好き』の私の主張が通り、オフィスで何度か鍋パーティーを開催したのでした。その買出しから、調理までを勝って出てくれたのがMikiさん。 彼女の作る大胆鍋はおいしかった!! 鍋だけに収まらず、水餃子まで作ってくれたこともありました。

彼女の帰国後は、鍋をすることはなくなってしまいましたが(涙)、その後もARCでは、1人1品持ち寄りパーティーや突撃!韓国バフェレストランなど、様々な形でパーティーが開催されています。

鍋5
鍋4
鍋3
鍋2
鍋


写真の中に、今この瞬間ニュージーランドにいる人は、本当に少しだけです。

殆どの方が、ニュージーランドに来て、そして去っていきます。


偶然にオークランド留学センターを利用し、偶然パーティーに参加し、偶然に一緒に笑う。

また会える人もいるだろうし、もう2度と会わない人もいるだろう。



『一期一会』 



この仕事をしていると、実感できる言葉です。


今年もオークランド留学センターは、新しくニュージーランドにお越しいただく方をお待ちしています!!


パーティー開催日には是非参加してくださいね。


2007年の営業開始日のオフィス

2008年01月07日 13:31

タイトルを書いたあとに、どのカテゴリーに入れていいのか分からなくて、
「真由美ホーのホーっとなNZ情ホー」コーナーに入れてしまいましたが、
とにもかくにもARCは本日1月7日(月)から2008年の営業を開始しました。

my desk
いきなりmessyになってしまったマイデスク。
いつもこのデスクで仕事をしています。

silver教室
純銀アクセサリー教室も今日から再開です。
今までのペンダント、リングに加えて今年からはイヤリングも制作レパートリーに登場しました。


美智子さん
スタッフの真由美の代打、みちこさん。
以前オークランドの英語学校に勤務されていて、日本での職歴も長い方です。
とても元気で明るい方なんですが、今日は発熱してしまい少し辛そうです。
明日はよくなるといいですね。

早期&長期申込み割引サービスのご案内

2008年01月04日 16:19

皆様、あけましておめでとうございます。
2008年も、オークランド留学センターは最新情報を発信していきます。



「今年こそ留学したい!」 「今年はワーホリに行く!」 「キャリアアップは海外で!」

という夢や目標、計画をお持ちの方はどうぞお気軽にオークランド留学センターまでお問合せ下さい。


しかし!



留学にはお金がかかります。現実に留学費用を計算してみると、予算が足りない。親に借りようにも言い出しにくい、仕事は辞めれるが、退職金を計算してもまだ足りない、、などなどお金に関わる悩みはつきません。

「お金がない。」ことを理由に、熱い思いを胸の奥に押し込めている人もいらっしゃるのではないでしょうか?
あるいは、最初の一歩を踏み出す勇気が出せなくて、お金のせいにして、あきらめてしまっている人もいるのではないでしょうか?


人生は一度きり、思いきってなんでも挑戦しよう!

なんて、ことは判っていても現実はなかなか思うように行かない。


そこで、



オークランド留学センターは 「早期&長期割引」サービスを開始しました。

長期間の勉強をすることを決めている人が、早い段階でオークランド留学センターに申込みをしていただければ、授業料の一部をオークランド留学センターが負担するという、サービスです。この割引制度を利用すれば、かなりのお金を節約することが出来ます。

長期留学をお考えの方がいらっしゃいましたら、是非この割引制度をご利用下さい。
見積もりも無料で受け付けていますので、お気軽にお問合せ下さい。
詳しくはこちらのページをご覧下さい。





では、今年もスタッフ一同誠心誠意努めて参りますので、どうぞよろしくお願いします。



(裏話その1)

と、ここまで読まれて 「普段の文章と雰囲気が違うなあ?」とお気づきになられた方も多いことでしょう。そうです、担当者の真由美が、12月21日から5週間の予定で、ご主人の母国マレーシアと、日本に帰っているため、ワタクシ小西利幸がしばらくの間、このページを担当することになったからです。(個人的なブログもやってますので、暇な方はご訪問下さい。)

真由美さんの日本帰国はなんと3年半ぶりだそうです。今頃はきっと浦島太郎のごとく、竜宮城に行った気分で日本を楽しんでることでしょう。私はその間にオフィスの改装をして、帰国した真由美さんを驚かそうと思っています。


(裏話 その2)
割引のページには、可愛いキャラが3人も新しく登場しています。
今までのホームページの雰囲気と全く違うのですが、これが結構可愛い。
三四郎くんは空手、ひふみちゃんは剣道。 
「えぃ! とぅ!」の掛け声もいいですよね。
でも、佐々木かおりさん(27歳仮名)のキャラだけがなかなか完成しなかった。
デザインを担当した、永住を目指してITコースで勉強中の加奈子さんが、三四郎キャラから遅れること1週間、頭を悩ませ完成したキャラです。どうです?27歳に見えますか?mmmm



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。